まさひろ酒造で泡盛を知る 空港から15分 予約不要 試飲も楽しめる 雨の日の観光にもおすすめ

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「泡盛のまさひろ酒造」に行ってきたので、その様子をご紹介します。

空港から15分!予約なし・無料で泡盛酒造見学

沖縄のお酒といえば「泡盛」。

沖縄県内に47の酒造所があり、様々な銘柄の商品が販売されていますが、その中でも「まさひろ」は、よく沖縄の居酒屋では置かれている泡盛です

まさひろの見学・試飲を楽しむことが出来ます。

バスを利用する場合、琉球バス「西崎二丁目」または東京バス「道の駅いとまん前」が、最寄りのバス停となります。

f:id:beautifuldreaman:20190628220817j:plain

会社の旧名は「株式会社比嘉酒造」。創業は琉球処分の4年後にあたる1883年。泡盛自体は15世紀頃、琉球王国が行っていた交易のなかで、タイの蒸留酒と蒸留技術が沖縄へ持ち込まれ、そこから発展した生まれたお酒です。

f:id:beautifuldreaman:20190628220458j:plain

泡盛は幕府への献上品や、交易における琉球の特産として、琉球王府が徹底して管理を行い、「首里三箇」と言われる、首里城周辺の鳥堀、赤田、崎山の3つの地域だけで製造が認められていました。琉球王国が沖縄県になると、酒造の数も増え、まさひろ酒造も、当初は泡盛製造の本場・首里にあったそうです。

1991年からこちらの工場で泡盛の製造を行っており、2015年、現在の「まさひろ酒造株式会社」に商号が変更されました。

酒造見学で泡盛の歴史を知る

f:id:beautifuldreaman:20190628220955j:plain

入口にある石敢當、その横に置かれているのは、泡盛を保存するための甕(かめ)でしょうか。

f:id:beautifuldreaman:20190628221037j:plain

シーサーもあります。石敢當とシーサーは、沖縄の企業には置かれている場合が多いです。いずれも、魔よけの意味合いが込められており、沖縄文化が感じられる一面です。

f:id:beautifuldreaman:20190628220132j:plain

雨の日でも楽しめる沖縄らしいスポットのひとつでしょう。観光で訪れる人も多いようで、記念写真用のパネルも置かれていました。

★参考:雨の日はこちらもおすすめ★

f:id:beautifuldreaman:20190628222216j:plain

無料で見学出来るスポットですが、そもそも「泡盛が何か」を知らないと、展示されているものを見ても、何も分かりません。

泡盛は、一言で言えば、ウイスキーやブランデーと同じ「蒸留酒」です。南方で作られていた、ココヤシの樹液を発酵・蒸留して造られた蒸留酒「天竺酒」がルーツとなっており、焼酎よりも歴史は古いそうです。

f:id:beautifuldreaman:20190628222030j:plain

たのしいお酒.jpによると、酒税法上、泡盛は「蒸留酒類」のなかの「単式蒸留焼酎」に分類されます。

米を原料とした単式蒸留焼酎という点で、本格焼酎(米焼酎)に似ていますが、泡盛の原料はタイ米である場合がほとんどです。かつては「」もブレンドされていました。沖縄県原産の黒麹菌を使って作った米麹に、水と酵母を加えてもろみにし、2週間ほど発酵させ、 単式蒸留機で蒸留させると完成です。

f:id:beautifuldreaman:20190628223240j:plain

また焼酎は、この仕込み工程を2度に分けて行いますが、泡盛はこれを一度に行います。ちなみに日本酒は、国産の米を発酵させたものをそのまま飲むため、ビールなどと同じ「醸造酒」に分類されます。

もちろん試飲も楽しめる

様々な泡盛が並べられているスペースもありますが、そちらは撮影禁止。おしゃれに飾られている泡盛のコレクションは、眺めているだけでも十分面白いです。

f:id:beautifuldreaman:20190628223712j:plain

こちらは、昭和8年から昭和9年にかけて使用された、沖縄県酒造組合の宣伝用広告用ポスター

よく見ると、女性の素肌が透けて見えています。これが原因で、このポスターは1年弱で使用禁止になり、今では幻のポスターとなっているそうです。

f:id:beautifuldreaman:20190628224212j:plain

こちらは「古酒(クース)」と言われる泡盛です。全量を3年以上熟成させた泡盛が【古酒】と表記されます。時間をかけて熟成させた泡盛は、甘い香りを持つようになり、飲んだ時の舌触りもまろやかになるそうです。

f:id:beautifuldreaman:20190628224613j:plain

そして酒造見学の楽しみと言ったら試飲。写真のように、まさひろ酒造では製造されている各種泡盛を、飲み比べることが出来ます焼酎でぇたという、全国の焼酎についてまとめたWEBメディアによると、まさひろは芳醇な香りとキレのある味わいが特徴とのこと。

私は原付なので、試飲は出来ませんでしたが、泡盛を飲めない方向けに、もろみ酢の試飲もありました。

f:id:beautifuldreaman:20190628225243j:plain

私が行ったのは平日の14時頃、30分ほどの滞在でした。人も少なくのんびり、じっくりと楽しむことが出来ました。こういう沖縄文化に触れる旅もいいものです。

まさひろ酒造の近くには「道の駅いとまん」もあるので、そちらもおすすめです。

★参考:道の駅いとまんについて★

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました