原付沖縄本島1周の旅へ!喜屋武岬から南部を走る|2019年 沖縄旅行記その1

原付の旅

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「2019年 原付沖縄本島1周の旅」その1をお届けします。

★参考:原付沖縄本島1周の旅 2021★

糸満市・喜屋武岬から辺戸岬へ

f:id:beautifuldreaman:20190702214302j:plain

2019年6月30日の早朝、私は沖縄本島の南端・喜屋武岬にいました。

喜屋武岬が沖縄本島の最南端と思われがちですが、地図をよく見ると、喜屋武岬より南まで岬は伸びており、最南端は「荒崎」という地です。

f:id:beautifuldreaman:20190702215508j:plain

朝焼け空と喜屋武埼灯台

海上保安庁が、本土復帰後の沖縄に初めて設置した大型灯台です。

f:id:beautifuldreaman:20190702214655j:plain

今回はここ糸満市・喜屋武岬から、原付で沖縄本島最北端・辺戸岬を目指します。

さらに、本島にある全26市町村にも上陸する予定です。

f:id:beautifuldreaman:20190702220717j:plain

出発時のキロ計は4672.2km/h

さぁ、いよいよスタートです。

八重瀬町・ぐしちゃん浜に到着

まずは糸満市のお隣、八重瀬町へ。

f:id:beautifuldreaman:20190702221749j:plain

晴れ予報でしたが、今のところ曇っています。

日差しがないと、夏でもこの時間は涼しいです。

f:id:beautifuldreaman:20190702222349j:plain

八重瀬町に入るタイミングで、朝陽が登ってきたので、海沿いへ行ってみることに。

f:id:beautifuldreaman:20190703223318j:plain

こちらは具志頭城跡公園

赤瓦のあずま屋が朝焼けに照らされています。

f:id:beautifuldreaman:20190703223407j:plain

公園からぐしちゃん浜へ降りてきました。

ここは知る人ぞ知る穴場スポット

ガジュマルに吊るされたお手製ブランコは、インスタ映えスポットとしても、人気になりそうです。

f:id:beautifuldreaman:20190703223513j:plain

浜には、沖縄のビーチでは珍しい、イノー(礁地)と呼ばれる岩場が広がっています。

PerfumeのMVのロケ地にもなっています。

[Official Music Video] Perfume 「Relax In The City」(short ver.)
f:id:beautifuldreaman:20190703223904j:plain

穴場ビーチである一方、ロッククライマーには有名な場所のよう、変わった形の岩が並んでいます。

f:id:beautifuldreaman:20190703223835j:plain

こちらは、クジラっぽい形の岩です。

f:id:beautifuldreaman:20190703224018j:plain

この岩はハート型に見えます。

範囲も広く、なかなか迫力あるビーチですが、有名ではないのが不思議です。

南城市から西原町へ

八重瀬町の次は、3つめのまち・南城市へ。

f:id:beautifuldreaman:20190703224530j:plain

世界文化遺産・斎場御嶽をはじめ、見どころはたくさんあるまちですが、今回は時間がないので素通り

ここから北上し、南風原町と与那原町へ向かう予定でしたが、いつの間にか与那原町に入っていました。

来た道を何往復かして、「南風原町」の看板を探しましたが見つからず…

f:id:beautifuldreaman:20190704204833j:plain

西原町まで来てしまいました。

f:id:beautifuldreaman:20190704204926j:plain

振り返ると与那原町です。

南風原町は帰りに寄ることにして、ここから名護市まで、国道329号線を一気に北上します。

★参考:与那原町の名物といえばこちら★

f:id:beautifuldreaman:20190704205752j:plain

サンエー西原シティに到着。

普段は素通りしてしまう場所ですが、信号待ちをしていると、ある銅像が目に入りました。

f:id:beautifuldreaman:20190704210247j:plain

戦時中の兵隊さんかな」と思いましたが、かつてここには中部製糖第一工場があり、この像の人が担いでいるのはさとうきび

f:id:beautifuldreaman:20190704210536j:plain

製糖記念小公園として、その歴史が残されています。

西原町は、肥沃な土壌に恵まれていることから、さとうきび栽培が盛んだったそうです。

現在、沖縄本島に残っている製糖工場は、うるま市にある「ゆがふ製糖」だけです。

ここまでの移動経路はこんな感じ。

f:id:beautifuldreaman:20190704211200j:plain

まだ朝7時、名護までは66km。

ここからは、沖縄本島中部へ入っていきます。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました