船が片道3万円!? 高すぎる小笠原旅行 旅費の節約した時の様子ご紹介|2018年旅行記 その2

2018年小笠原

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「2018年 冬 小笠原諸島旅行記」その2をお届けします。

★前回の記事★

謝恩ツアー参加!格安で小笠原へ

2018年12月4日11時、東京・竹芝桟橋から父島へ向けて、24時間の船旅が始まりました。

前回の記事で、小笠原諸島へ行くためには、最低5泊6日必要であることをご紹介しました。

そしてもうひとつ、小笠原旅行に欠かせないものがあります。

それはお金です。

島への唯一のアクセス手段・おがさわら丸の運賃は月ごとに変動しますが、2022年7月は、最も低い等級である二等和室でも、片道3万3千円

往復の船代に加え、小笠原ではキャンプや野宿が禁止されているため、最低3泊分の宿泊料金と食費がかります。

さらに、小笠原の自然を楽しむには、ツアーや体験に参加するのが一般的で、その参加費も必要です。

つまり、通常であれば、5泊6日の旅行で最低10万円近くのお金がかかるのです。

ただし、今回は違います。

いつ小笠原に行こうかと、小笠原海運のホームページで、おがさわら丸のスケジュールを確認していたところ、「謝恩ツアー」なるものが販売されているのを発見。

謝恩ツアーは、小笠原海運が年に1度行っているそうで、この年で19回目

船と宿のセットプランで、小笠原滞在中の行動は自由。ツアー参加者限定の割引券やクーポン券も付いて、最も安いコースだと、料金はなんと47,000円。

そして、この年の謝恩ツアーは、伊豆諸島と小笠原諸島で利用出来る電子通貨・しまぽとのタイアップにより、47,000円からさらに9,000円引きの値段で販売されていました。

仕事を辞めて、ちょうど時間があるタイミングで、こうしたツアーが出るのは、「とりあえず小笠原に行け」と言われているようなものです(笑)

謝恩ツアー参加者が乗船しているからか、この日の竹芝桟橋には、小笠原諸島のゆるキャラ「おがじろう」も、見送りに訪れていました。

冬の海へ!おがさわら丸 24時間の船旅

冬の伊豆諸島・小笠原諸島方面の海は、荒れる場合が多く、揺れる船旅になる覚悟をしていましたが、幸い、大した揺れはありませんでした

ただし、風は強く、写真のように、デッキの一部エリアは閉鎖されていました。

★参考:台風のおがさわら丸でノックダウンした話★

船での記憶、そして写真もあまりなく、基本的には寝ていたような気がします。

いつの間にか、外は夕焼け空になっていました。

そして、この写真からも、海の様子が穏やかであると分かります。

そして翌朝、日の出とともにデッキが開放されました。

外へ出ると、幻想的な景色が広がります。

また、前日まで吹きつけていた、冬の冷たい風が、生暖かく穏やかなものになっています。

南に向かっているんだな」と、実感させられる瞬間です。

【船旅の贅沢】小笠原諸島・父島に向かうおがさわら丸からの朝焼け~2018年12月5日 ~

今回、私は一応、「謝恩ツアー」の参加者として船に乗っていますが、添乗員さんがいたり、他のツアー参加者と一緒に動いたりというようなことはありません

対象の日程がいくつか設定されており、事前に電話で申し込みをすると、おがさわら丸の乗船引換券と宿泊バウチャーが自宅に届きます。

出発当日はそれらを持って、おがさわら丸に乗るだけ

おがじろうのお見送りがあったり、普段は繁忙期に行われている「船内レクチャー」があったりと、所どころで特別感はありました。

また、宿は事前に指定されていましたが、それ以外は、普段の小笠原旅行と何ら変わりません

旅の1日目は、持参したカップ麺が夕食でした。

太陽が昇りました。時刻はこのとき6時40分。

父島到着まで、ここから4時間以上かかります

朝食に持参した菓子パンをつまんで、二度寝することにしました。

10分遅れで父島到着

それから約2時間後。船内放送で目が覚めました。

デッキに出ると、水平線の先にうっすらと島影が見えました。

小笠原諸島は30の島々で構成されており、一番南は沖ノ鳥島、一番東は南鳥島、そして見えている北之島が、一番北に位置する島です。

ちなみに、日本の排他的経済水域(EEZ)の約3分の1を、小笠原諸島が占めています。

東京を出港してから23時間、父島が見えてきました。

携帯の電波も入るようになるので、慣れていると、船内で滞在中の計画を立て、この辺りでツアーの予約を入れたりする人もいます。

私は北之島が見えてからずっとデッキにいたので、潮風を浴びて髪がボサボサ。シャワーを浴びてから下船します。

父島の集落が見えてきました。

見慣れた景色で、旅行に来たというよりも「帰ってきた」という感じです。

おがさわら丸は10分遅れ

おがさわら丸が父島到着に遅れることはほとんどないので、なかなか珍しいことです。

それほど揺れた気はしませんでしたが、もしかしたら、私が寝ている間に、波風の影響を受けたかもしれません。

父島に上陸しました。

船を下りると、宿の方が看板を持って待ってくれているので、まずはそちらへ。

いつもは小笠原ユースホステルに泊まりますが、今回はツアーなので、事前に指定されたコンドミニアムBalenaに宿泊。

父島のメインストリート・湾岸通り沿いにあり、部屋にはキッチンも付いていました。

ツアー参加中、島に滞在している間も、完全にフリータイム

チェックインをしたら、この日の午後はまったりと、集落周辺を歩いて過ごすことにします。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました