ニューハーフの正体とは!羽地の駅を見学 直売所も面白い|2021年 沖縄旅行記

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「羽地の駅」に行ってきたので、その時の様子をご紹介します。

★こちらもおすすめ★

名物「ニューハーフ」の看板

国道58号線を原付で北上している時、いつも気になっていた看板がありました。それがこちら。

名物 ニューハーフ

ニューハーフが何なのか気になってはいたものの、これまで調べもせず放置していましたが、今回やっとその正体を知ることが出来ました。

ニューハーフの看板があるのは、国道58号線沿いにある「羽地の駅」。沖縄には道の駅のようでそうでない施設が点在していますが、羽地の駅もそのひとつです。

羽地の駅 【公式ホームページ】
沖縄県名護市にあります、やんばるたまご羽地の駅の公式ホームページです。レストランや直売所などがあり観光客から地元の方まで多くの方へご利用頂いております。

名護市街を抜けた先、いわばやんばるの入口のような場所にあります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_7171-1024x768.jpg です

羽地の駅の2階は展望スペースとして開放されているので、まずはそちらへ。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_7172-1024x768.jpg です

穏やかな羽地内海に沿って伸びる国道58号線の景色を見ることが出来ます。

続いて、建物の中を見学しようとしたら、お店の入口にさっそくありました。ニューハーフ1本150円。ニューハーフの単位は「本」であることが分かりました。

そして他の張り紙にも気になる点が2つ。ひとつは年中無休。もうひとつは、なぜここにくまモンがいるのか。

入口左手に飲食店、右手に直売所となっていますが、その間にあるのが「ピンポンゲーム(300円)」。

ピンポン玉をコップに投げて、見事ピンポン玉がコップに収まれば、そのコップをもらえるというゲームです。ただ、ピンポン玉が跳ねてしまうので、相当難しいと思われます。

その横で売られていたのがメダカ

どうやら沖縄にメダカブームが来ているようで、こんな新聞記事も出ていました。調べると「美らメダカ」や「琉球メダカ」という名前で、ネットでも沖縄のメダカが販売されています。

ニューハーフ発見

ちょうどお昼だったので、まずは飲食店コーナーへ。

飲食コーナーといっても、お店がたくさんあるわけではありません。食堂のようなスペースがあります。料金が手書きだったり、裏紙が張られていたり、なんともローカルな雰囲気を感じさせる看板です。

本日の定食、まさかの全部文字です(笑)こういう形の展示は初めて見たかもしれません。

そしてついに見つけました。こちらがニューハーフです!

正体は魚のすり身と羽地鶏のミンチ合わせた串焼きでした。他にもモズク天やゴーヤ天など、沖縄らしい食べ物が並んでいましたが、今回は「美味しそう」と眺めるだけ(現金を持っていなかった)。

直売所には惣菜パンやお弁当なども販売されています。こちらのたまごサンドもなかなかのボリュームです。

直売所に並ぶ地元の特産品

ニューハーフ」の正体を突き止めたので、今回の目的は果たしましたが、直売所も面白かったのでご紹介します。

様々なパイナップル

沖縄本島では5月中旬から8月頃までパイナップルの収穫が行われています。羽地の駅でも、様々な種類のパイナップルが販売されていました。

私が手に持っているのは「ハウスパイン」。その名の通り、ハウスで栽培されたパインで、露地よりも甘さが強いそうです。

また、棚に置かれている小さなパインは「スナックパイン」です。

スナックパインはひと節ずつ手でちぎって食べるスタイル。酸味が少なく(=甘い)、芯まで食べることが出来ます。流通量が少ないため、沖縄県外ではあまり見られないパインです。

★パイナップルの収穫を体験した話★

こちらが有名な「ゴールドバレル」。沖縄で開発された最高級パインです。

変わり種は「サンゴパイン」。こちらは食べる用ではなく、生け花用として販売されています。黄色ではなく朱色で、この色がサンゴに似ていることから、この名で呼ばれているそうです。

スイカ・バナナ・漬物用マンゴー・島らっきょう

パイナップル以外にも、地元で獲れた作物たちが並びます。

まずは「すいか」。今帰仁すいかは12月から出荷が始まります。日本で一番出荷が早いすいかとして知られており、年数回収穫が行われています。

続いてはバナナ。島バナナといわれる、県外のスーパーで売っているバナナよりも小さめですが、お値段は高め。県外ではあまり手に入らない、希少な高級バナナです。

マンゴーも本格的にシーズンを迎えますが、ラベルには「漬物用」と書かれています。

木に実った他のマンゴーに栄養を集中させるため、摘果(あえて早めに収穫する)されたマンゴーです。まだ色も青いですが、サラダやピクルスにして食べるそう。そしてこれもまた、県外ではなかなか手に入らないものです。

沖縄居酒屋に行くと出てくる定番「島らっきょう」。居酒屋では1皿500円くらいですが、こちらは袋にたっぷり入って500円くらい。

コーヒー果実茶とコーヒーの苗

沖縄そばをはじめ、定番の沖縄土産も並んでいますが、その中に見覚えのある商品を見つけました。

それがこちら、コーヒー果実茶。パッケージに書かれているのは、コーヒー農園の安里おじいです。

コーヒー果実茶はその名の通り、コーヒー豆の外側を覆う果実(コーヒーチェリー)をローストしてティーにしたもの。爽やかでフルーティーなお茶です。

★参考:安里おじいのPV★

【安里コーヒー農園 PV】コーヒーを通して豊かな人生を送って欲しい。沖縄のヤンバルで挑戦するおじいの物語【日本語Ver】

外ではコーヒーの苗も販売されていました。沖縄でコーヒーの苗を販売している場所も、何だか最近急に増えた気がします。

この日は羽地の駅から、安里おじいのコーヒー農園のお手伝いに向かいました。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★こちらもおすすめ★

コメント

タイトルとURLをコピーしました