奄美大島にてフェリーとしま乗船!ボゼの島・悪石島上陸|2016年 トカラ列島旅行記 その2

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2016年「トカラ列島旅行記」その2をお届けします。

★前回の記事★

奄美大島到着

奄美大島に到着しました。

関東は雲ひとつない青空でしたが、こちらは雲が広がっています。

少し時間があるので、空港周辺をぶらり。

ここは奄美市笠利地区。

一般人が行くことの出来る離島では日本で2番目に大きい島ということで、奄美大島には計5つの市町村があります。

12月でもハイビスカスが咲いているのは、南の島ならではでしょうか。

気温は関東よりは暖かいですが、それでも寒いです。

遊歩道がありました。

亜熱帯が感じられる、植物園のような雰囲気です。

こうした植物は本州の道端では見られません。

名前は不明ですが、独特の「南の島の植物感」があります。

バナナも実っていました。

収穫してしばらく放置すると、黄色くなってきます。

遊歩道を抜けると、ちょうど私が乗ってきたバニラエアの便が、またどこかへ飛び立っていくのを見ることが出来ました。

フェリーとしまの乗船券販売所

ということで、空港からはバスで、市街地方面にある「フェリーとしま」の乗船券購入窓口へ向かいます。

ちなみに、乗船券は事前に予約することが出来ません。

奄美大島の船の玄関口といえば「名瀬港」ですが、フェリーとしまの乗船場所は、他の船と異なるので注意が必要です。

港の最寄りのバス停は「左大熊団地」となります。

フェリーとしま乗船券販売所にやってきました。

港のコンテナや、それを運ぶトラックが並ぶ先にこの事務所があるので、多くの方が「本当にここでいいのか」と思うはずです。

★参考:フェリーとしまについて★

船旅は学生証を見せると「学割」が適用される場合が多いですが、フェリーとしまは学生証だけでなく、学校所定の旅客運賃割引証が必要でした。

今回私はこれを持参していなかったので、大人料金で旅をすることとなりました。

フェリーとしま 奄美大島出港

乗船券を購入したのは15時半過ぎ。

その後は、島での野宿に備え、市街地にあるイオンで食料などを調達していました。

そして20時過ぎ、再び港へやってきました。

フェリーとしまの出港は午前3時(※現在は2時)でしたが、乗船締切は出港より早い21時だった気がします。

正確な時間は覚えていませんが、出港時間よりも早く乗船が締め切られるので注意が必要です。

しかし…

フェリーとしま これは乗っていいのか……

これは、乗っていいのか…

通常こういう場所にはスタッフの方がいるものですが、誰もいません。しばらく待っていると、原付に乗ったおっちゃんがやって来て、「乗っていいんだよ」と教えてくれました。

ということで、揺れ動くタラップを歩き乗船。流石トカラ列島。この時点から難易度高めです。

乗船すると、すでに他のお客さんも乗っていました。

奄美大島から、まずは3つお隣の島、悪石島へ向かいます。

時刻はまだ20時過ぎですが、特にやることもないので、この日はこれにて終了。記憶も写真もないので、寝たのだと思います。

目が覚めたら宝島だった

私が目を覚ましたのは、フェリーとしまの最初の寄港地・宝島に到着するタイミング

フェリーが奄美大島を出港したことには全く気が付きませんでした。

何より「目が覚めたら宝島だった」というのは、何ともロマンチックな展開です。

私が適当なことを言っているのではなく、トカラ列島の島のひとつに、本当に「宝島」という名の島があるのです。

今回の旅では、悪石島に上陸した翌日に上陸予定です。

雲の切れ間からご来光です。雨が降っていなくて何より。

何もない秘境の島で雨が降ったら最悪です。今回は野宿で、テントは防水ではありません。

さらに季節は冬。寒さとも戦わなくてはならないという、まさに修行の様相を呈してきます。

少し仮眠。

ちょうど悪石島に到着する頃に起きることが出来ました。

島には観光案内所などもありません。

パンフレットは船内で手に入れることが出来ます。

悪石島上陸!

悪石島が近づいてきました。海が緑色です。汚いというわけではありません。

「悪石」という島の名にふさわしく、何だか独特のオーラが感じられます。

何となくですが、雰囲気は「青ヶ島に似ている」と感じました。

★参考:青ヶ島旅行記★

東京を出発してから3日目、ついにトカラ列島・悪石島上陸を果たしました

こちらに書かれているキャラクターは仮面神「ボぜ」。旧暦7月16日に悪石島に現れる仮面神で、仮面や衣装には島で生育する様々な植物が使われています。

2018年には「来訪神:仮面・仮装の神々」の構成行事のひとつとして、ユネスコの無形文化遺産にも登録されました。

時刻は午前9時前。フェリーとしまは悪石島出港後、十島村の島々を経由しながら、19時前に鹿児島に到着します。

今回はフェリーとしまの特別ダイヤを見計らって旅をしています。船は鹿児島到着後すぐに折り返し、翌朝悪石島にやって来るので、それまでの滞在です。

さっそく島を歩いて巡ります。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1525人(前日比0) 
Instagram 2892人(前日比+7)
Youtube 241559回 (前日比+1363)

~移住3年目218日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました