難易度高すぎ!フェリーとしま乗船 日本最後の秘境へ野宿旅|2016年 トカラ列島 旅行記その1

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2016年「トカラ列島旅行記」その1をお届けします。

★こちらもおすすめ★

成田空港で野宿!奄美大島へ

トカラ列島、漢字で書くと「吐噶喇列島」。このいかにも強そうな島の名前を聞いたことはありますか。

トカラ列島の島々は屋久島と奄美大島の間に位置しており、7つの島に人が住んでいます。これらの島々に上陸するための一般的な手段は、鹿児島市と奄美大島・名瀬港を結ぶフェリーとしまです。

★参考:2022年 諏訪之瀬島にセスナ機が就航★

http://www.tokara.jp/wp/wp-content/uploads/2022/09/c9b97f6ef7d83af022d232922869ca5b-2.pdf

今回は奄美大島からフェリーとしまに乗船し、トカラ列島上陸を目指します。まずは24時半の東京駅に到着。

ここから、深夜1時過ぎに東京駅を出るバスで成田空港へ。

午前2時半、成田空港第3ターミナルに到着しました。6泊7日の旅の初日は成田空港のベンチで1泊。翌朝のバニラエアを利用して、奄美大島へ飛びます。

この写真をよく見ると、ベンチで横になっている人がいます。空港のベンチで夜を明かそうとする人が、意外と多いことはあまり知られていません。

朝を迎えました。

奄美大島行きの搭乗手続き締切は9時10分ですが、朝は混雑の影響で鉄道が遅れる可能性もあるので、深夜のうちに成田空港まで来てしまったのでした。

奄美大島に到着するのはお昼前。そして、フェリーとしまが奄美・名瀬港を出港するのは深夜3時。初日から空港泊でしたが、2日目も船内泊、さらにトカラ列島でも野宿の予定です。

空港のベンチの寝心地はそれほどよくありません。さっそく疲労を感じながらも、飛行機に乗り込みます。

寝袋・テント持参 トカラ列島で野宿

離陸しました。眼下には収穫期を終え、茶色くなった田畑が広がります。そう、季節は冬(12月)です。これから向かうのは南の島ですが、南の島も冬は寒いことを、私は知っていました。

★参考:3月の波照間島は寒かった★

約3時間で奄美大島に到着しました。関東よりは暖かいですが、それでもやはり寒いです。

今回の旅で一番の懸念事項は、この寒さの中で野宿をすること。トカラの小さな島々には宿も少なく、村のHPに載っていた宿に電話をしてみましたが、工事の人たちが長期滞在しているようで、どこも満室だったのです。

フェリーとしまの出港まで時間があるので、空港周辺をぶらり。奄美大島には5つの市町村があり、空港があるのは奄美市笠利地区です。

遊歩道がありました。

こうして歩いている時にも、背中には寝袋とテントが入ったリュックサックを背負っています。もちろん島を巡るときにも、基本的には寝袋とテントが入ったリュックサックを背負って歩くこととなります。

今はまだ、旅の序盤なので「お、バナナが生えているぞ!」というような、発見を楽しむ余裕がありますが、これが数日続くとどれほど疲れるのか、想像が付かず。

そこで今回は、疲れ具合を確認するため、同じ荷物を背負って式根島を歩くという、いわば「旅の練習」も行いました。

★参考:式根島旅行記★

遊歩道を抜けると、私が乗ってきた飛行機が、またどこかへ飛び立って行きました。

私が持参したテントと寝袋は背中に背負える程度のもの。重さ制限をクリアし、リュックに入れたまま飛行機の機内に持ち込むことも出来ました。果たしてこれで、冬の寒さを乗り越えることが出来るのかも、伊豆大島で実践済みです。

★参考:伊豆大島旅行記★

ということで、空港からはバスで市街地方面に移動し、フェリーとしまの乗船券購入窓口へ向かいます。

フェリーとしま乗船 日本最後の秘境へ

奄美・名瀬港には、鹿児島~沖縄航路や鹿児島~喜界島~沖永良部島航路も寄港しますが、フェリーとしまの乗船場所は、他の船と異なるので注意が必要です。

15時半過ぎ、最寄りのバス停「左大熊団地」で下車し、フェリーとしま乗船券販売所にやってきました。

コンテナやトラックなどが並び、「本当にここでいいのか」と思うような場所に事務所はありますが、こちらで間違いありません。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1941-1024x768.jpg です

悪石島までの乗船券をゲット!

船は学生証を見せることで「学割」となる場合が多いですが、フェリーとしまは学生証だけでなく、学校所定の旅客運賃割引証が必要でした。今回私はその紙を持っていなかったので、大人料金でトカラの島々を巡ることとなりました。

そして20時過ぎ、再び港へやってきました。

フェリーとしまの出港は午前3時(※現在は2時)でしたが、乗船締切は21時。21時を過ぎると、出港直前の時間まで、船に乗ることは出来ません。出港直前乗船の場合、乗船券は船内で買うことが出来ます。

フェリーとしまの乗船場所から市街地まではおよそ2kmなので、歩いても20分程度の距離ですが、市街地にも深夜まで開いているお店などはほとんどありません。

21時の乗船を逃すと、なかなか辛い時間を過ごすこととなるのです。

フェリーとしま これは乗っていいのか……

夕方に乗船券をゲットした後は、島での野宿に備え、イオンで食料などを調達。満を持して乗船!と言いたいところですが、これは乗っていいのでしょうか…

通常こういう場所にはスタッフの方がいるものですが、誰もいません。しばらく待っていると、原付に乗ったおっちゃんがやって来て、「乗っていいんだよ」と教えてくれました。

ということで、揺れ動くタラップを歩いて、フェリーとしまに乗船しました。席は乗船後、船内受付で指定されます。

ちなみに、鹿児島港以外からフェリーとしまに乗船する場合、乗船券は予約をすることが出来ません。また、21時までという締め切り時刻がありますが、この時に乗船出来るのは、原則夕方までに乗船券を購入している人となります。

フェリーとしまは十島村の村営船です。かつてはその名の通り、十島村は10島で成り立っていました。

しかし戦後、口之島以南の島々が米軍統治となった影響で、現在は米軍統治下に置かれた7島が十島村、残りの3島が三島村となっており、十島村の島々を「トカラ列島」と呼ぶのが一般的です。

★参考:三島村・硫黄島上陸!★

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1935-1024x768.jpg です

フェリーとしまは、これら7島全てに寄港しますが、運航本数は週2便のみ。また、欠航することも多いです。つまり、7島全てに上陸するためには、通常20日以上という日数が必要です。

ただ、たまに週3便運航されることもあり、今回はそのタイミングを狙ってやって来ました。それでも、全島上陸は無理なので、奄美大島寄りの3島、悪石島・小宝島・宝島を巡ります

★参考:13日間欠航などもある★

私が目を覚ましたのは、鹿児島へ向かうフェリーとしまが最初に寄港する島・宝島に到着する直前。フェリーが奄美大島を出港したことには全く気付かず、「目が覚めたら宝島だった」という、何ともRPG感溢れる展開です。

まずは宝島・小宝島を素通りし、悪石島まで向かいます。

東京駅から33時間 悪石島上陸!

そしていよいよ、悪石島が近づいてきました。

悪石」という島の名にふさわしく、独特の雰囲気が感じられます。何となくですが、その雰囲気は「青ヶ島に似ている」と感じました。

★参考:青ヶ島旅行記★

ネットでは、その上陸難易度の高さから「日本最後の秘境」とも紹介されているトカラ列島。

東京駅を出発してからおよそ33時間、ついに上陸を果たしました!

こちらは仮面神「ボぜ」。旧暦7月16日に悪石島に現れる仮面神で、仮面や衣装には島で生育する様々な植物が使われています。2018年には「来訪神:仮面・仮装の神々」の構成行事のひとつとして、ユネスコの無形文化遺産にも登録されています。

フェリーとしまは9時過ぎに悪石島出港後、十島村の島々を経由しながら、19時前に鹿児島に到着。その後すぐに折り返し、翌朝再び悪石島にやって来るので、それまでの滞在です。

さっそく島を歩いて巡ります。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました