空港から歩いて40分!下地島・17endへの行き方と名前の由来をご紹介|旅行記2022 その2

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「2022年 多良間島旅行記」その2をお届けします。

★前回の記事★

下地島の半分が空港の敷地

沖縄本島から1泊2日で、多良間島上陸を目指す旅。

まずは、那覇空港からスカイマークで、みやこ下地島空港に上陸しました。

多良間島には、宮古島・平良港から出ているフェリーで上陸しますが、このフェリーは1日1往復

平良港を出港するのは、朝9時です。

下地島空港に到着したのはお昼すぎなので、この日はもう、フェリーで多良間島へ行くことは出来ません。

ということで、この日の午後は予定がなかったので、空港から歩いて、17ENDまで行ってみることにしました。

距離は3.3kmほど。グーグルマップでは、40分で到着すると計算されています。

普通の道路のように見えますが、こちらはまだ空港の敷地内。

空港からは、バス・レンタカー・レンタサイクルのいずれかを利用するのが一般的なので、歩いている人はゼロです。

下地島空港の出入口に到着しました。

現代風のお洒落なターミナルとは異なり、この写真だけを見ると、令和時代とは思えないような雰囲気です。

こちらのインターホンや新聞ポストは、今も使用されているのでしょうか。

それにしても、ターミナルや滑走路からこちらのゲートまでは距離があり、周囲30kmほどの小さな島の空港とは思えない広さです。

おおよそ島の半分が空港の敷地となっているため、観光スポットは少な目。

そもそも、こうした普通の道路自体が少なく、信号機もなかったような気がします。

道沿いの木々は「ギンネム」という、明治時代末期に沖縄へ持ち込まれた外来種がほとんど。

沖縄県から「ギンネム防除対策マニュアル」も出ているほど繁殖力が強く、手つかずの道端では、荒れ放題の状態となっていました。

一方で、こうした沖縄らしい、サトウキビ畑もあります。

色は茶色っぽく、「島尻マージ」という、琉球石灰岩が風化して出来た、アルカリ性の高い土壌が広がります。

空港から17endまで歩く

しばらく歩くと、海沿いへ出ました。

小さな岩が点々と露出しており、何だか不思議な光景となっています。

こちらは恐らく、比較的大きめの岩の周囲に砂が溜まり、風や鳥によって種子が運ばれ、いつの間にか島のようになったと思われます。

歩いて簡単に渡ることも出来そうですが、今回はパス。

道路の都合上、空港ターミナルから大回りする形で、滑走路の横にやって来ました。

ここから先は17endまでは、右手を海・左を滑走路に挟まれた道を歩きます。

以前は車も通ることが出来たそうですが、現在この先は車両通行止めとなっています。

ちなみに、車で17endを訪れる場合は、滑走路を挟んだ向こう側に駐車場があるので、そちらから歩くこととなります。

道の途中に、大きな案内マップがありました。

小さな文字で書かれているのは、「魚垣漁」についての説明。

かつてここでは、海からの岸の方向へ放射状に石を積み、放射状の頂点部に作られた出口に網を張ることで、潮が引いていくタイミングで魚を採っていたそうです。

潮が引いている時間は、今も放射状に並べられた石が見られるそうですが、この日は綺麗な海が広がっていました。

ちなみに、海を挟んだ向こう側に見えているのは、伊良部島・佐和田の浜です。

ということで、グーグルマップの計算通り、約40分で下地島空港の滑走路の先端までやってきました。

17endの意味を徹底解説

17end(ワンセブンエンド)は、航空ファンの聖地&絶景ポイントとして知られています。

美しい海に向かって、滑走路への誘導灯が伸びています。

この日私が乗ってきた飛行機も、こちらから着陸したので、タイミングが良ければ、着陸直前の飛行機を間近に見ることが出来ます

定期便は少ないですが、パイロット訓練飛行にも利用されているため、時刻表には載っていない飛行機が飛んでくることも考えられます。

グーグルマップで下地島空港の滑走路を見ると、大きく「17」と書かれています。

航空用語で、滑走路の末端を「Runway Rnd」と言うことから、17endという愛称が付けられました。

ちなみに、17endの反対側は35endとなっています。

那覇航空観測所のホームページを見ても、下地島空港の滑走路名には「17」だけでなく、「35」という数字が入っています。

そもそもの「17」「35」という数字は、方位にちなんだもの。

航空業界では、飛行機の進行方向を基準に、北を「0」として、方位が時計回りに36等分されて示されます。

言い換えると、飛行機の頭が北に向いている時は0へ、南に向いている時は、18へ向かっているのです。

つまり、下地島空港の場合、同じ滑走路でも、飛行機が北から着陸する場合は「17滑走路」を、南から着陸する場合は「35滑走路」を使用するという言い方になります。

なお、17と35、どちらを使用するかは、同日の風向き次第です。

しかしどうやら、最近は滑走路の西にあるビーチが、17endとして紹介されているようです。

干潮の時間にだけ出現する、「幻のビーチ」ということですが、この時の私は、滑走路の先端が有名な17endだと思い込んでいたので、砂浜までは行かず…

バスで宮古島市街地へ向かうため、下地島空港へ向けて、来た道を引き返しました(笑)

実は、私が下地島を訪れるのは今回が2回目

前回2018年に訪れたときは、17endの存在も知りませんでしたが、滑走路の横の砂浜で夕陽を見たことは確かなので、知らずのうちに、幻のビーチにも行っていたと、この記事を綴りながら知ったのでした。

★参考:2018年宮古島旅行記★

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました