台風の波!揺れるおがさわら丸でノックダウン… 燃える朝焼けと父島上陸 ~初めての小笠原諸島 旅行記その2~

初めての小笠原諸島

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は【初めての小笠原諸島旅行記】その2をお届けします。

★前回の記事★

人生初! 24時間の船旅のはじまり

2016年9月7日11時

台風が来ているにも関わらず父島に向けて出港したおがさわら丸。この日は509人が乗船していたそうです。

f:id:beautifuldreaman:20190911063950j:plain

色気のない灰色をした東京のビル群。そこに煌びやかさはありません。

まるで、そこで働いている人々の心を映し出しているよう。この景色ともしばらくおさらばです。

f:id:beautifuldreaman:20190911064240j:plain

小笠原まで残り929km。果てしない距離です。島に到着するのはちょうど24時間後。

私は以前も、神戸を夕方に出港して、翌朝宮崎に着くフェリーに乗船したことがありました。しかし、24時間の船旅というのは人生初です。

ちなみに、台風の影響で船が揺れるだろうなというのは分かっていましたが、これまで乗り物酔いをしたことが無かったので、今回も酔い止めは飲んでいませんでした。

利用するのは二等和室

f:id:beautifuldreaman:20190911064559j:plain

こちらが24時間を過ごす私の席です。二等和室という、おがさわら丸で最も安い等級で、マットレスと薄い掛布団、枕があります。二等和室の区画はいくつかあり、その区画ごとにコンセントもついています。

レインボーブリッジの下をくぐり、しばし東京の景色を楽しんだ後から船が少しずつ揺れ始めたので船内へ。

東京湾を出るには2時間近くかかります。その間は船内でも電波が入るので、まだ非日常感はあまり感じません。気持ちはワクワクしている一方で、特にやることもないので、パソコンで写真の整理などをしていました。

俺氏、ついにやられる…

f:id:beautifuldreaman:20190911064839j:plain

2016年9月7日 14時

「小笠原を120%楽しむために」 という船内レクチャーに参加してみました。このレクチャーは繁忙期や乗船客数が多い時の船内で開催されています。

しかし、座って話を聞いているうちに、船がさらに大きく揺れ始めました。

レクチャーの前から嫌な予感はしていましたが、私はこのレクチャーの途中でノックダウンしました。 このレクチャーの前から、酔い止めも飲まずパソコンを開き、このレクチャーでもじっと画面を見ていたのがよくなかったのでしょう。

また前日も旅行出発前のワクワクで寝れなかったことも影響していたと思います。

船上から燃えるような朝焼け

私のカメラフォルダーで、船内レクチャーの写真の次に残っていた写真がこちら

f:id:beautifuldreaman:20190911065205j:plain

2016年9月8日 4時35分

もう翌日の朝焼けの写真です。

夜ご飯も食べずにずっと横になって船酔いと戦っていました。それを察してか、二等和室の横の座席にいた人が話しかけてくれたり、酔い止めをくれたりしましたが、寝ても覚めてもなかなか時計の針が進まず辛かった記憶があります。

まあ、散々寝たおかげで、翌日は早朝から目が覚めて、この綺麗な朝焼けを見ることが出来ました。甲板から見る海は穏やかで、船の揺れもいつの間に収まっていました。

午前9時 小笠原諸島が見えてきた

f:id:beautifuldreaman:20190911070042j:plain

2016年9月8日 8時57分

船内放送で、小笠原諸島最北に位置する無人島「北之島」を通過しているというアナウンスが流れました。いよいよ小笠原諸島の海域に入りました。

父島までの船旅も残り2時間です。

f:id:beautifuldreaman:20190911065931j:plain

2016年9月8日 9時36分

うっすらと父島が見えてきました。ちなみに小笠原諸島には約30の島々がありますが、現在、一般の人が立ち入ることが出来るのは父島と母島のみ。

父島へのアクセスは今回乗船しているおがさわら丸だけ。母島へは父島から出ているははじま丸で、さらに2時間かかります。つまり、小笠原諸島に行く場合、誰もがこの24時間の船旅を乗り越えなければならないのです。

f:id:beautifuldreaman:20190911070353j:plain

さあ、いよいよ小笠原諸島・父島に到着です。

が、いまいちテンションが上がりません… 今回は完全ノープランなので、島に着いても何をしたらいいのか分かりません。しかも、島から出れるのは、船の運航スケジュール上、4日後になります。

★24時間の船旅のハイライト★

台風後、東京湾内でも時化てやや揺れるおがさわら丸、からの翌朝の凪 ※風の音注意

長かった船旅。小笠原諸島・父島に上陸

f:id:beautifuldreaman:20190911063429j:plain

2016年9月8日 11時

24時間の船旅を終え、おがさわら丸は定刻通り、小笠原諸島・父島に到着しました。

あら、曇っていますねぇ。タラップがかけられて父島に上陸。

f:id:beautifuldreaman:20190924072100j:plain

父島へのアクセスはおがさわら丸だけなので、港には多くの宿の方がお迎えに来ています。そのため、下船したらまず、自分が泊まる宿の名前が書かれた看板を探す必要があります。

ちなみに、当時の私が父島に上陸してまず撮った写真がこちら。

f:id:beautifuldreaman:20190911070702j:plain

おがさわら丸の船底に集まる魚たち。

港なのにたくさん魚がいる」ということに驚いて撮った1枚だと思われます。

実は船底に魚が集まるのには理由があり、この魚たちは父島到着後のおがさわら丸から排出されている、人間の汚物を食べに来ているそうです。それを知ると、港で釣った魚を食べるには、少し抵抗だあります(笑)

まずは宿へチェックイン

f:id:beautifuldreaman:20190911071034j:plain

大きな荷物は車で運んでもらい、宿まではこの日チェックインする人全員で歩いて向かいます。

ノープランだったものの、宿だけは決めていました。今回3泊4日お世話になるのは「小笠原ユースホステル」です。

港から宿までは10分程度で到着。チェックインも済ませ、さぁここからどうしようか…。

.

というところで今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

【フォロワー1000人】目指す!
本日の結果
Twitter 342人 Instagram 851人
~移住258日目、終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました