2017年 九州・沖縄の島を巡る旅 その2

旅の思い出

ブログをご覧いただき
ありがとうございます。

本日は2017年の旅の記録
「九州・沖縄の島を巡る旅」
その2をお届けします。

★その1はこちら★

.

島旅を始める前に、
大分県に寄り道して
47都道府県上陸
を果たしました。

原尻の滝から福岡へ戻る途中見つけた
沈堕の滝。
雪舟の描いた「鎮田瀑図」の
モデルになっている滝だそうです。

写真右に映っている味のある建造物は
近代文化遺産にも登録されている
沈堕発電所です。

20時頃博多駅前でレンタカーを返し、
歩いてフェリーターミナルへ。

五島列島・小値賀島
までのチケットをゲットしました。

船が出港するのは23時45分。
夜ご飯はコンビニで済ませます。

博多から五島列島へと向かう
フェリーの名前は太古。

写真が全然ないのですが、
おがさわら丸と並ぶか、
それ以上にかなり綺麗な船です。

シャワーは24時間無料。
トイレもウォシュレットです(笑)

博多港を出港すると
宇久島→小値賀島→中通島→奈留島
→福江島
の順に五島列島の島々へと
寄港していきます。

私が下船する小値賀島には
朝の4時40分に到着します。

出港後はシャワーを浴びて
すぐに横になりました。

翌朝、小値賀島へと到着しました。

宇久島に寄港しているはずですが
全く気付きませんでした。

小値賀島がこの旅で上陸する最初の島。
まだ暗く、開いているお店もないので
港の待合室で夜明けを待ちます。

待合室では、仮眠を取ることが出来る
和室も開放されています。

外が明るくなってきた朝7時すぎ。

やってきたのは「離島待合所」
この日は野崎島へと渡ります。

野崎島は現在ほぼ無人化した島。
ただ、残された集落跡は
2018年7月(この旅のあと)、

『長崎と天草地方の
潜伏キリシタン関連遺産』

に登録されました。
島には旧野首教会も残されています。

この小さな船「はまゆう」
1日2便運航しています。
無人化した島にも関わらず、
定期船が就航しているということは、
それなりに人が訪れているのでしょう。

料金は往復で1040円です。

野崎島が見えてきました。
野崎島までは途中六島を経由して
約30分ほどです。

野崎島に上陸しました。

この旅2つめの島です。
帰りの船の時間は14時55分。
およそ7時間の滞在です。
お店などはありませんが、

港の目の前に
綺麗なビジターセンターがあるので
お手洗いや休憩はそこで出来ます。

まず港から歩いて1.3km、
旧野首教会へ向かいます。

ということで今回はここまで。
本日もありがとうございました。

☀上陸した島☀
No.31 小値賀島(長崎県)
No.32 野崎島(長崎県)

【 SNS本日の結果】
Twitter 992人(前日比-6) 
Instagram 1597人(前日比+3)
Youtube 14604回 (前日比+102)

~移住2年目 83日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました