ここは外国?と思わせるよな自然の景色。あがり浜に到達|2019 日帰り渡名喜島旅行記 その6

渡名喜島旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は【渡名喜島旅行記】その6をお届け致します!

★前回の記事★

島尻毛へは行きませんでした

渡名喜島1周を目指して歩いています。

f:id:beautifuldreaman:20191210052047j:plain

道の先に広がる海。心躍る景色です。

一方で、離島や田舎を歩いていると、道端に、どこに行くのか分からない脇道や階段が伸びていることが多いです。

こうした道に行ってみるかは賭けです。まず距離感が分かりません。 道の先にどんな景色があって、どれほど時間がかかるか分かりません。

f:id:beautifuldreaman:20191210052553j:plain

途中まで行って「立入禁止」の看板がかかられていることもあります。ちなみに、以前宮崎県でこうした脇道に入ったとき、野生のイノシシと遭遇しました(笑)

この写真に映っている看板によると、ここは「島尻毛」といい、かつては渡名喜小中学校の遠足先だったそうです。

今回は時間がないので行かないことにしました。

f:id:beautifuldreaman:20191210052305j:plain

海岸沿いまで降りてきました。振り返ると、ゴツゴツした白い岩肌が露出した山が迫っています。

f:id:beautifuldreaman:20191214074433j:plain

ダイナミックで独特な地形です。この海崖は「シュンザ」といい、200mほど続いています。

ここが日本であることを証明出来ない

f:id:beautifuldreaman:20191210053441j:plain

この景色は完全に外国です。ここが「日本である」という証明が出来ませんね。

もちろん渡名喜島なのですが。

f:id:beautifuldreaman:20191210053627j:plain

面白い形をしたヤシの木です(多分ヤシの一種です)。

はじめて見たフォルムです。

f:id:beautifuldreaman:20191210053817j:plain

振り返るとこんな感じ。人が住むような家や建物はもちろん、電柱さえありません。

繰り返しになりますが、「ここが日本である」ことが証明できないのです。それが島旅の魅力のひとつでもあります。

f:id:beautifuldreaman:20191214072044j:plain

電柱も家もない、島の何気ない景色です。

ただ、道端の雑草が伸びきっているわけではなく、綺麗に整えられています。そんな道端の草をよく見ると…

f:id:beautifuldreaman:20191214072307j:plain

分かりますかね…?チョコチップのようなものが落ちているのが。

これはヤギの糞です。道端の草はヤギが食べてくれているんですね。

あがり浜を目指して歩く

f:id:beautifuldreaman:20191214072610j:plain

目指すのはあがり浜。

あがり」というのは、沖縄の方言で「」を意味しています。

f:id:beautifuldreaman:20191214072823j:plain

海をよく見ると枝が列をなしています。これは伊平屋島でも見ましたね。もずくの養殖だと思われます。

★参考:伊平屋島の旅

f:id:beautifuldreaman:20191214073001j:plain

朽ち果てた公園の遊具。かつては多くのちびっ子たちがいたのでしょうか。

きっと5年後には、全国で廃墟の島が増えるだろうなぁと思います。

f:id:beautifuldreaman:20191214074801j:plain

崖下(池の向こうに側)にあるのが「アマンジャキ」という旧道。ここは満潮時でも通行できるように、先人たちが石を積み重ねて造ったそうです。

落石の可能性があるそうで、現在は立ち入りが禁止されています。

渡名喜島でキャンプがしたい

f:id:beautifuldreaman:20191214075156j:plain

あがり浜にやってきました。ここではキャンプをしてもOKのようです。

この時点で私はもうすっかり渡名喜島にハマっています。「夏にキャンプしたいなぁ」と思うものです。

f:id:beautifuldreaman:20191214075428j:plain

シャワー付きのトイレもあります。

f:id:beautifuldreaman:20191214075510j:plain

シャワーはこんな感じ。

この時期はほとんど利用がないであろうにも関わらず、それなりに綺麗にされているのはいいですね。

f:id:beautifuldreaman:20191214075642j:plain

タンクローリーに書いてあるのは「西原町」。

おそらく古くなったものが島に回って来たのでしょう。

f:id:beautifuldreaman:20191214075816j:plain

渡名喜島のマンホール。ダイナミックな山と南国的な草花が描かれています。

時刻は13時半。船の出港まで残り2時間です。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【SNS 本日の結果】
Twitter 786人(前日比+3) 
Instagram 1302人(前日比+4)
Youtube 7225回 (前日比+53)

~沖縄移住346日目、終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました