超ディープ!沖縄の離島フェア2019が面白かった 島旅好きにおすすめ!各島のブースをご紹介

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「離島フェア2019」行ってきたので、イベントの様子をご紹介します!

噂の離島フェアに初参戦

f:id:beautifuldreaman:20191116054804j:plain

離島フェアのことは、沖縄移住前から噂に聞いていましたが、今回が初めての参戦となりました。

離島関連のイベントといえば、毎年東京で行われる「アイランダー」が有名ですが、アイランダーの主催は国土交通省。

一方で、離島フェアの主催は沖縄県離島振興協議会で、ブースを出しているのは基本的に沖縄の離島です。

f:id:beautifuldreaman:20191116055939j:plain

離島フェアの会場は「沖縄セルラースタジアム那覇」。

2019年は11月15日から17日までの3日間の開催でした。

ちなみに、2019年のアイランダーは11月23日と24日だったので、恐らく、離島フェアと被らないように日程が設定されていたと考えられます。

f:id:beautifuldreaman:20191116060217j:plain

会場に到着すると、さっそく島のグルメが並んでいます。

島の文化を発信するステージイベントや飲食店の出店などは、アイランダーよりも盛大です。

f:id:beautifuldreaman:20191116060833j:plain

飲食スペースも確保されています。

f:id:beautifuldreaman:20191116060545j:plain

沖縄といったら「泡盛」ということで、試飲し放題です(笑)

写真は泡盛だけが並べられたブースですが、各島のブースでも、島で作られた泡盛を出しているので、下手をするとベロベロに酔っぱらってしまうかもしれません。

f:id:beautifuldreaman:20191116061138j:plain

屋内にある「特産品販売会場」の雰囲気はこんな感じ。

「○○島」のように、島ごとにブースがあるのではなく、各島にあるお店や商工会などが、それぞれブースを出しています。

f:id:beautifuldreaman:20191116061555j:plain

スタンプラリーも楽しむことが出来ます。

スタンプの設置場所はこの台紙の裏に書かれていますが、人目のつかないところに置かれています。案内がないとすべてのスタンプを集めるのは困難でしょう。

また、スタンプのひとつに「南城市」がありますが、これは南城市にある「久高島」のことです。

f:id:beautifuldreaman:20191116062356j:plain

スタンプを集めると、こちらのスクラッチカードがもらえます。

私も挑戦したのですが、その結果ははずれ。

参加賞などはありませんでした。

ブースの様子

ということで、ここからは各島のブースの様子をご紹介します!

南大東島

f:id:beautifuldreaman:20191120061051j:plain

南大東島といえば、船からクレーンで島に上陸するということで有名です。

f:id:beautifuldreaman:20191120055323j:plain

ブースには「CORCOR」グッズが並びます。

CORCORは南大東島で作られるラム酒のこと。

島旅をしていると、たまにこのTシャツを着ている人を見かけたりもするので、島旅好きには知られたブランドと言えるでしょう。

★南大東島旅行記★

北大東島

f:id:beautifuldreaman:20191120060242j:plain

北大東島の名産品はじゃがいもです。

f:id:beautifuldreaman:20191120060619j:plain

ぽてちゅう」という、じゃがいもから出来た焼酎もあります。

f:id:beautifuldreaman:20191120061725j:plain

私の北大東島の思い出は、人生で初めて、生のさとうきびを かじったことです(笑)

★南大東島旅行記★

宮古島

個人的に「日本一きれいな海」は宮古島にあると思います。

f:id:beautifuldreaman:20191120062648j:plain

それがこちら。

八重干瀬(やびじ)という、宮古島から出ているツアーの船でしか行けない場所です。

f:id:beautifuldreaman:20191120061955j:plain

紅イモの詰め放題がありました。

色々な形のイモがあるので、テトリス的な感じで詰めていけば、たくさん詰められるかもしれません。

しかし、これを沖縄県外にお土産として持ち帰ることは、病害虫(イモゾウムシ)繁殖防止のため、禁じられています。

f:id:beautifuldreaman:20191120062327j:plain

ローズマリーとレモングラスを買うことが出来るイベントは、日本でもここだけではないでしょうか。

★宮古島旅行記★

多良間島

f:id:beautifuldreaman:20191120062956j:plain

ヤギ汁・馬肉汁・イラブー汁という、かなり濃い商品が並んでいたのが、宮古島のお隣にある多良間島

2019年時点で、多良間島は私が行ったことがない島です。

f:id:beautifuldreaman:20191120063812p:plain

那覇から宮古島・石垣島までは、飛行機でしか行くことが出来ません。LCCもないので値段も高めです。

「もっと安くなればいいのにな」と、いつも思います。島民割引があるなら、沖縄本島民の割引も作ってほしい…

久高島

f:id:beautifuldreaman:20191120064117j:plain

久高島でもイラブー。イラブーというのはウミヘビのことです。

こちらはイラブーを乾燥させ粉末状にして、ちんすこうにしてしまったんですね(笑)その粉末の試食をしましたが、特に臭みなどもなく、ただ特別に美味しいというわけでもなく…

これがイラブーなのか」という感じです。

f:id:beautifuldreaman:20191120063956j:plain

久高島は日帰りで上陸し、歩いて島を1周しました

本島からも近く、船の便数も多いので、手軽に楽しめる沖縄の離島です。

★久高島旅行記★

渡嘉敷島

f:id:beautifuldreaman:20191125080009j:plain

渡嘉敷島は慶良間諸島のひとつ。

渡嘉敷島だけでなく、座間味島や阿嘉島も、「ケラマブルー」のイメージが先行して、なかなか島の文化や特産品には注目が向けられていないように感じます。

f:id:beautifuldreaman:20191125081200j:plain

私の中で渡嘉敷島といえば、「前世の償いをするために島に来た」という人に逆ヒッチハイクをされ、一緒に島を巡ったという思い出があります。

★慶良間諸島旅行記★

久米島

f:id:beautifuldreaman:20191125080809j:plain

久米島といえば泡盛の定番「久米仙」!

沖縄に行ったことがなくても、一度は「久米仙」という名前を聞いたことがある人もいるはずです。

離島フェアでは、至る所で泡盛の試飲を楽しむことが出来ますが、私は原付だったので眺めるだけです…

f:id:beautifuldreaman:20191125081123j:plain

久米島は車海老の生産量日本一

このネタはアイランダーの久米島ステージでも、クイズとして出題されていました。

【島旅10秒動画】久米島・はての浜上陸!※嵐のため音量注意※

そして私が久米島を訪れた目的は「はての浜」。ただ動画の通り最悪の天気。

逆にこの嵐でよくツアーの船が出たなという感じです。ある意味、貴重な経験をしたかもしれません。

★参考:久米島旅行記★

八重山諸島(石垣市・竹富町)

f:id:beautifuldreaman:20191125082303j:plain

竹富町のゆるキャラ「ピカリャー」が、石垣市のブースにいました。

f:id:beautifuldreaman:20191125194509j:plain

私は一応「竹富町島々サポーターズ」の一員です。

このカードを持っていると、竹富町の島々のお店で割引が効くようですが、まだ使ったことがありません。

★波照間島・石垣島旅行記★

与那国島

f:id:beautifuldreaman:20191129064436j:plain

日本最西端の島「与那国島」は、「与那国商店街」という形で様々なお店が出店していました。

与那国島から沖縄本島までおよそ520km、石垣島までおよそ127km、そして台湾までおよそ111km。

夏になると、蜃気楼のような現象で台湾が見えることもあるそうです。

伊是名島

f:id:beautifuldreaman:20191129065643j:plain

2019年も残りわずかですが、そんな2019年を私は伊是名島で迎えました。

そしてこれが、沖縄に移住して最初の島旅でもありました。

★伊是名島旅行記★

伊平屋島

f:id:beautifuldreaman:20191129070224j:plain

伊平屋島では、沖縄では珍しく稲作が行われています。

8月に島へ訪れたときも、田んぼを見ることができました。

★伊平屋島旅行記★

渡名喜島

f:id:beautifuldreaman:20191129071312j:plain

こちらは渡名喜島の「もちきび」の試食です。

もちきびとは雑穀米の一種。炊飯器がブースにあり、出来立てが提供されていました。

ほんのり甘くもちっとした食感でとても美味しかったです。

★渡名喜島旅行記★

粟国島

f:id:beautifuldreaman:20191129071405j:plain

こちらでは面白い情報を聞くことが出来ました。

それは「粟国島に埼玉県民が増えている」ということ。

どうやらここ最近、埼玉から島に移住してくる方が多いようで、埼玉県民コミュニティも形成されつつあるとか。ブースでその情報を教えてくれた方も、元埼玉県民でした。

生まれも育ちも埼玉の私にとって、これは大変興味深い情報です。

★参考:粟国島旅行記★

奄美群島

f:id:beautifuldreaman:20191125074833j:plain

一方で、沖縄の離島以外で唯一、奄美群島のブースもありました。

これは、単純に距離が近いことに加え、奄美・徳之島・やんばる・西表島が連携しながら、世界自然遺産登録を目指していることも背景にあるのでしょう。

★参考:奄美大島旅行記★

県外からでも来る価値あり!

f:id:beautifuldreaman:20191129071600j:plain

沖縄というだけで、県外に住んでいる人からしたら独特で面白いものばかりなのに、そこに「」という文化が掛け合わさるため、かなりディープです。

「紅芋タルト」のような、沖縄の定番お土産がここにあるわけありません(笑)

島が好きなら、離島フェアは沖縄県外からでも来る価値ありです!

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★動画はこちら★

【離島フェア2019】沖縄離島が集結する祭典の会場の雰囲気はこんな感じです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました