与論島スーパーを物色!沖縄との違いを感じた1泊2日の島旅|2019年旅行記

島活in与論島

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2019年10月「与論島旅行記」をお届けします。

★前回の与論島★

本部港から与論島上陸

2019年8月、初めて訪れた与論島で、島の方(Tさん)と仲良くなり、定期的に島へ通うこととなりました。

f:id:beautifuldreaman:20191218060722j:plain

早朝に那覇を出発し、原付で本部港へ。

与論島へ向かう船には、那覇からも乗ることは出来ますが、本部港から乗船すると、原付のガソリン代を考慮しても、往復で2000円近く安いです。

f:id:beautifuldreaman:20191218060908j:plain

さらに、本部港に置かれているこの台紙にスタンプを押して、与論島の観光協会へ持っていくと、地域商品券2千円分がもらえます。

沖縄から与論島へ行くときは、本部港がお得なのです。

★参考:詳しくはこちら★

f:id:beautifuldreaman:20191218061641j:plain

マルエーフェリーに乗船。

本部から与論島までは、約2時間半の船旅です。

f:id:beautifuldreaman:20191218062324j:plain

与論島に到着!今回は天気もよさそうです。

Tさんとの再会も果たし、まずは昼食を食べるために、青い珊瑚礁へ。

f:id:beautifuldreaman:20191218062653j:plain

もずくそばは、安くて旨い、与論島の名物料理。

もずくが練りこまれた麺は、そば粉を使用しておらず、そばのアレルギーがある人でも食べられます。

このときは350円でしたが、ホームページを見ると650円となっているので、さすがに値上げしたようです。

f:id:beautifuldreaman:20191218062930j:plain

今回はTさんの家に泊まります。

Tさんの家の庭にある農園では、ヤギが飼育されています。

f:id:beautifuldreaman:20191218063350j:plain

一通り農園の見学を終えたら、Tさんの車に乗せられ、誰もいないビーチへ。

沖縄の海も綺麗ですが、与論島(鹿児島県)の海も、大変美しいです。

f:id:beautifuldreaman:20191222061130j:plain

海を見た後、Tさんに案内されたのは洞窟

一応ロープもあって、人が通ることは出来ますが、ガイドブックには載っていません…

普通の観光客はまず行かない場所です。

f:id:beautifuldreaman:20191222061204j:plain

天井の低い洞窟を抜けた先には、海が広がっていました。

南の島の水色の海と異なり、ここでは岸壁に荒波が打ち付けています。一応これも、ヨロンブルーと言うのでしょうか。

f:id:beautifuldreaman:20191222061310j:plain

しばらく海を眺め、来た道(洞窟)を戻ります。その後、強めの雨が降ってきたので、この日の観光はこれにて終了。

夜は、スーパーで調達した食材をTさんの家で料理します。

与論島のスーパーを物色する

旅先のスーパーもまた、地域の特徴が感じられるので面白いものです。

f:id:beautifuldreaman:20191222061344j:plain

ヨロン糖

与論島にもサトウキビ畑が広がり、沖縄と風景はそれほど変わりません。ただ、沖縄にあるものがないという点で、ここが鹿児島県であることを実感します。。

シーサー・石敢當・亀甲墓などは、ほとんど見られません。また、家の表札をみても、沖縄で見かけるような苗字はありません。

f:id:beautifuldreaman:20191222061535p:plain

沖縄本島と与論島の距離は23km。少ししか離れていないのに、こうした違いがあるのは面白いですね。

スーパーの品揃えも沖縄より、九州内でしか販売していない商品のほうが多いです。

f:id:beautifuldreaman:20191222061606j:plain

島イカ

イカスミで黒くなってしまっていますが、3匹入ってこのお値段は安いといえるでしょう。イカの単価があまり分かりませんが…

他にもマグロなど、島内産の魚が販売されています。

f:id:beautifuldreaman:20191222061639j:plain

シビ」というのは、

・マグロの子供の総称
・マグロの別名
・キハダマグロ

など、様々な解釈があるようですが、要はマグロです

一方で、島イカの写真をみると、イカの周りに「マグロ」と「シビ」が置かれており、何か定義によって、明確に分けられているような気もします。

f:id:beautifuldreaman:20191222061707j:plain

卵220円

これだけを見ると「離島は物価が高い」ということになりますね。

一方で、こんな激安商品もありました。

f:id:beautifuldreaman:20191222061733j:plain

肉が3パックで1000円。

しかも1パックに入っている肉はなかなかの量で、種類も色々あります。

この日の夜はで決まりました。

f:id:beautifuldreaman:20191222061800j:plain

今回はTさんの家に泊めさせていただきます。

テレビは日本テレビが映り、ローカルニュースは鹿児島や九州の内容が中心で、改めてここが沖縄県ではないことを実感します。

f:id:beautifuldreaman:20191222061824j:plain

そして本日の夕食がこちら。買ってきた肉を調理し、白米はおじぃからのサービス。

お菓子やお酒も用意していたのですが、肉だけでお腹がいっぱいになってしまうほどの量です(笑)オリオンビールがあるだけで、沖縄感が出ます。

2回目の与論島初日はこれにて終了。

2日目は朝カフェから島1周

f:id:beautifuldreaman:20191226051350j:plain

与論島滞在2日目。朝はMEEDAFU´S YUI HOSTEL and COFFEEからスタートです。

島では「マキさんのお店」と言われています。

ちなみに “MEEDAFU”とは島の方言。前田布(メーダフ)という、このカフェがある通りの一部を指した呼び方に由来しているそうです。

f:id:beautifuldreaman:20191226052307j:plain

前回は気が付きませんでしたが、各都道府県のノートが置かれていました。

お客さんは自分が住んでいる場所のノートに、メッセージを残しています。

私も一言書いておきました。

f:id:beautifuldreaman:20191226052751j:plain

昔の与論島の写真も置かれていました。

こういうのを見ることが出来る機会はなかなかありません。

f:id:beautifuldreaman:20191226052917j:plain

島で作られたハンドメイドのお土産も販売されています。

朝食を食べ終えたら、この日は船の出港まで、Tさんに島を案内してもらいます。

f:id:beautifuldreaman:20191226054054j:plain

まずは「按司根津栄(アジニッチェ)」の神社へ。

按司根津栄は、琉球統治以前に与論島を治めていた人物のこと。

f:id:beautifuldreaman:20191226054236j:plain

お守りや御朱印もゲットすることが出来るようです。

f:id:beautifuldreaman:20191226054602j:plain

絵馬にはサンゴやウミガメが描かれています。

右下にカタカナで、「ヨロン」と書かれているので、お土産にもなります。

日本一綺麗なベンチを見つけた

f:id:beautifuldreaman:20191226054948j:plain

海にやって来ました。

沖の方に小さな船が見えていますが、あそこが百合が浜です。

f:id:beautifuldreaman:20191226055609j:plain

ヨロンブルーは、波照間ブルーや宮古ブルーとは、また一味違います。

f:id:beautifuldreaman:20191226055332j:plain

そしてこちらは、近くにあったベンチ。

海を眺めてのんびりと、贅沢な時間を過ごすには最高の場所…と言いたいところですが、実際は、日焼けが気になって、長時間を過ごすことは難しいでしょう。

f:id:beautifuldreaman:20191226055803j:plain

昼食を食べるため、茶花の方面へ移動。

車窓には牧草ロールが見えています。

牧草ロールといえば北海道ですが、実は沖縄や鹿児島の島でも、牧草ロールのある風景が広がっています。

f:id:beautifuldreaman:20191228105013j:plain

与論城跡へ寄り道すると、島の小学校1・2年生たちがお散歩に来ていました。

先生「ほら、お客さんだよ。何ていうの?」
子供 「こんにちはー!!!」

f:id:beautifuldreaman:20191228105447j:plain

これだけで島のことが好きになります。

ヨロンは素敵な島です。

f:id:beautifuldreaman:20191228103159j:plain

昼食は、レトロな雰囲気が漂う、食事喫茶「芭蕉亭」にやって来ました。

f:id:beautifuldreaman:20191228103510j:plain

席に付き、私たちがメニューを見る前に、Tさんが「とんこつ定食で!」と頼んでしまいました(笑)

とんこつ定食は、初めて聞く定食ですが、どんなものが出てくるのでしょうか。

f:id:beautifuldreaman:20191228103823j:plain

とんこつ定食がやって来ました。

とんこつとはいわゆる、沖縄のソーキ、骨付きの豚の角煮ボリュームも満点で、美味しくいただきました。

f:id:beautifuldreaman:20191228084614j:plain

そして支払いは島内通貨、その名もヨロンPANAURU王国銀行券です。

本部港でゲットした用紙を、与論島観光協会に持参し、交換していただけました。

f:id:beautifuldreaman:20191228102647j:plain

公共交通機関以外であれば、飲食店やお土産屋さんだけでなく、スーパーなど、基本的にどこでも使えるので、これほどお得なことはないのです。

f:id:beautifuldreaman:20191228105619j:plain

そしてお迎えの船がやってきました。

幸い雨が降ったのは一瞬で、いい天気に恵まれ、さらに、島のTさんの家に泊まるという、貴重な経験をさせていただきました。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました